オフィスを賃貸で用意!メリットとデメリットを解説

初期費用を抑えられる

メリットは何と言っても初期費用を抑えやすいことでしょう。自社ビルという選択肢もあるものの、所有物件を用意するには多額のコストが掛かります。特にベンチャーなどで資金的な余裕がない場合、初期費用で圧迫されるのは避けたいものですよね。リーズナブルな賃貸オフィスも多く、安価に拠点を手に入れることが可能です。

立地が良い物件も多い

企業にとって立地は大切な要素です。駅前などのアクセスのしやすいところの方が都合の良いこともあるものですが、ただ一等地を手に入れるのは容易なことではありません。しかし賃貸オフィスならそれが簡単にできてしまうのです。立地の良い場所にも物件が用意されていますので、アクセス抜群のオフィスで営業活動を行えますよ。

オフィスの移転をしやすい

事業計画の変更や、企業規模が大きくなってきた時などにも、賃貸オフィスならではのメリットが発揮されます。オフィスを気軽に移転できますので、より都合の良い場所へと移動をしたり、面積の広い物件を借りたりすることが可能です。こうしたフットワークの軽さは、自社ビルにはない大きなアドバンテージとなるでしょう。

こんなデメリットがある

初期費用を抑えられるのがメリットですが、ただ、長期的に見た場合は逆に高くなることがあります。今後も利用し続けるのなら賃料も払い続ける必要がありますので、自社ビルと比べてますます差が開く一方です。オーナー都合の何らかの制限が設けられていることがあるのもデメリットと言えます。土日使用の可否や内装工事の取り決めがあるなど、自由度の面で不便を感じるかもしれません。

多くの企業が集まる中央区で賃貸オフィスを借りる場合、地価も高い地域ですから、契約する際、家賃は十分比較検討して決めましょう。