どこに別荘をもつ?場所ごとのおすすめの過ごし方!

避暑地に別荘があると夏場が過ごしやすい

ジメジメ、そして暑い日本の夏。都市部では夏場の猛暑日の日数も多く、温暖化の影響を受けるようになってきました。そんな時に避暑地に別荘をもっていると、暑い時期の避難場所として重宝しますよ。

都市部と避暑地を住み分けることによって、快適な一年を過ごせることでしょう。避暑地として高原リゾートが人気です。木々や自然豊かな環境がすぐそばにあり、新鮮な野菜や牧場でとれたミルクを使ったお料理も楽しめます。現地の直売所でお買い物を楽しみながら、新鮮な食べ物で心も体も元気になれそうですよね。

海を眺められる場所を選んだら!

海が好きな人には、沖縄や離島でのゆったりとしたスローライフがおすすめ。日本には美しいブルーの海が楽しめる島がたくさんあります。そんなところに別荘をもてば、都会の喧騒から離れ、波音とどこまでも広がる美しい海を楽しみながら暮らせます。

ダイビングなど海遊びが好きな方は近場で海が楽しめます。海に入らなくとも少し高台に別荘を建てれば、水平線まで見渡せる絶景の景色が堪能できます。爽やかなブルーの海を眺めたり、波の音を聞いて過ごしたりすれば心が落ち着きますよね。

海の幸が美味しいのも海辺の別荘の嬉しいポイントです。

温泉地に別荘をもつ魅力!

別荘をもつ場所として、温泉地も魅力的です。温泉地では、家庭用に温泉をひける地域があり、自宅で温泉が楽しめます。普段は都会で仕事をし、週末は別荘の温泉でゆっくりと体を休められるなんて幸せですよね。

温泉がひけなくても、温泉地にはたくさんの湯どころが点在しています。色んな温泉に足を運びながら、湯治をするように別荘暮らしを楽しむのも面白いでしょう。

長野県と山梨県の県境にある八ヶ岳の周辺は別荘地として人気のエリアです。八ヶ岳の別荘は、新築が無理でも中古物件なら1000万円以下の物件から入手可能です。