設計プランで重要なのは地震に強い家づくり!3つの耐震構造を紹介

地震対策はとても重要です

近年大きな地震が各地で発生し、これからの家づくり設計で重要なのが地震対策です。1981年以降に建築確認を受けた建物については、現行の建築基準法の耐震基準に適合しています。ところで住宅の耐震構造には大きく3つのタイプがあります。これから家づくりをする人は、それぞれの耐震構造を把握したうえで、設計プランを考える必要があります。

一般的な耐震構造とは

1つ目は一般的に採用されている耐震構造です。これは柱や梁などの構造躯全体を強固にして、地震の揺れに耐えるタイプの住宅です。つまり、地震で生じる揺れに耐えるように設計された構造なのです。費用コストは3つのタイプでは安くなりますが、他の2つのタイプに比べて地震時に壁や家具等が壊れやすいという特徴があります。

ダンパーを組み入れた制震構造

2つ目は制震構造と呼ばれるタイプです。このタイプは、建物の骨組み部分にダンパーと呼ばれる、地震エネルギーやを吸収するゴムやバネなどを設置します。そうすることで建物の揺れや衝撃を和らげる構造となっています。一戸建て住宅を建てるときは、コストが比較的安い耐震や制震構造を取り入れることが多いです。また、耐震と制震を合わせた一戸建て住宅も少なくありません。

免震ゴムを取り入れた免震構造

3つ目のタイプは免震構造です。これは建物の基礎部分に揺れや衝撃を吸収する免震ゴムなどの免震装置を設置して、建物に揺れを伝わりにくくする構造です。3つのタイプの中ではコストがかかりますが、地震による揺れ幅は他の2つよりも少なくなります。分譲マンションなどの大きな建築物では、建物の損壊をできるだけ軽減するために免震構造を採用することが多いです。

2000万の家は、外観や内装などにあまりこだわることができませんが、低予算で注文住宅を建てたい消費者から人気が集まっています。